« Sky of the Tokyo (銀座) | Main | ◆オーシャンズ12のメンバーはオール建築技術者? »

January 22, 2005

◆映画「東京タワー」で知るホットする空間

忙しさに甘えてしばらくブロクコメントの間が開いてしまった。気分転換をかねて仕事帰りに映画「東京タワー」を観てきました。気取った生活と尖がった生活の狭間で生まれた恋愛の物語。
tyo_tower六本木ヒルズを中心とする東京タワーのみえるクールな映像が物語を演出する。クールなシーンとは裏腹に危険な恋愛は熱く盛り上がっていくわけだが、終盤ホットする空間が映し出される。恋愛の当事者達の母と夫が新橋の一杯飲み屋で共に生ビールをあおるシーンだ。

カウンターのスタンド飲み屋が実にホットする空間である。新橋のこみいった街並の狭間にも東京タワーが映る。こんなロケーションあったかなとも思ったが、妙に落ち着いたシーンである。やはり一般庶民にとっては安くサクッと呑める場所が憩いの場なのであろう...でも不思議なものであるが、よくテレビでも酔っ払いのオジサン達へのインタビューやクリスマスの夜の賑わいの様子とかは新橋がよく使われる。それもちょっとした街路にたくさんの居酒屋がひしめき合っている駅西のSL広場側。映画のシーンでも新橋4丁目の標識がみえていました。

最近では結構お洒落な居酒屋もあり若者にも人気があります。SL広場は酔っ払いがちょっと一休みしたり闊歩するには最高の場所である。一方、新橋駅の反対側はいわゆる再開発地域の汐サイトのエリア。この地区はコザッパリしすぎて車主導の街となっている。人が歩くには無機質的でありまったく面白くない。

こういう街並は幕張等で、夜や催事の無い時にゴーストタウン化している失敗事例があるのに残念な街並みづくりをしてしまったものである。街が息づくには、人が自由にのんびりと歩ける空間が必要だ。都内のあちこちで再開発が進んでいるが、もっと人しか通れない街路を巡らし商店や飲食店がひしめきあう空間を作っていきたいものである。

途中くねくね曲がった小路や坂や階段があり、池や川があり、緑があるそんな街。癒しの街の空間創りに六本木ヒルズのような高級店はいらない。肩肘はらずに酔っ払って歩ける街...。仕事帰りに日頃の様々な喜怒哀楽を浄化しホットさせてくれる街は、もしかしたら新橋駅SL広場界隈が代表格の街並み空間かも知れない。

|

« Sky of the Tokyo (銀座) | Main | ◆オーシャンズ12のメンバーはオール建築技術者? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/2654403

Listed below are links to weblogs that reference ◆映画「東京タワー」で知るホットする空間:

» 映画「東京タワー」 [RAKUGAKI]
江國香織の原作を思わず読みたくなるような映画でした。一つ一つのセリフがとても面白 [Read More]

Tracked on January 22, 2005 at 01:37 PM

« Sky of the Tokyo (銀座) | Main | ◆オーシャンズ12のメンバーはオール建築技術者? »