« Sky of the Tokyo (東京タワー) | Main | ◆東京の年末で感じた風情と文化 »

December 29, 2004

◆映画「エイリアンVSプレデター」と世界遺産

映画「エイリアンVSプレデター」に登場している南極大陸の孤島地下の遺跡は、エジプトカンボジアメキシコの3つの文明を持ち合わせたものと想定しています。実在する3つの遺跡はいずれも石を積み上げたピラミッドの建築であり、言わずと知れて世界遺産である。

確かに映画の架空の遺跡は、建物内に象形文字がたくさん書かれている様子はエジプトのピラミッド遺跡、使われている石の大きさと色あいから石種はカンボジアのアンコールワットの遺跡、全体的な外観デザインはメキシコのマヤ文化の古代都市の遺跡を彷彿させます。特に外観デザインはマヤ文化のテオティワカンの廃墟とチチェン・イツァのエル・カスティーリョを思わせます。

特にマヤ文化は神秘な部分が多いことで知られています。紀元前800年から400年頃にすでにこの地区で石に彫刻をする技術を持ち最初の暦と文字を発明したとされています。オルティワカンの都市も紀元前100年頃に建設されるが、何の為に誰が建てて何故8世紀に突如陥落したのか不明で、映画のシチュエーションに似ています。一方マヤ文化の終盤は、12世紀にその最盛期を迎えユカタン半島の北部のチチェン・イツァが中心となっています。マヤ文明はすべて神の意思とされる宗教で支配されていた為、生贄も習慣もあったそうです。

実際にチャクモール像という生贄の血を受ける皿を持つおおきな石像もあり、生贄の文化を裏付ける数々の彫刻や建造物があります。また、マヤ文化終盤と同時期に近くのメキシコ中央にてアステカ文化も栄えていましたが、そこでも生贄の儀式はあったといいます。しかも生きたまま心臓をえぐりとる習慣だったとか...。事実はSFや小説より本当に奇なり、ですねぇ。ぞっとします。
高い文化を持ちながら残酷な習慣を持ち合わせている点は映画のプレデターの特徴そのものですね。

このほかマヤ文明の廃墟都市やピラミッドのデザインはインディジョーンズ等をはじめとする数々の映画やディズニーのアトラクションにも影響を及ぼしています。時代を超えて神秘ある建築物なのでしょう。
ところで、バブル時代にエイリアンのデザインをされたギーガ氏のによるグロテスクな空間のバーが恵比寿と広尾の間にあり当時は何度か飲みに出かけましたが、今もあるのでしょうか?...。

|

« Sky of the Tokyo (東京タワー) | Main | ◆東京の年末で感じた風情と文化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53410/2411693

Listed below are links to weblogs that reference ◆映画「エイリアンVSプレデター」と世界遺産:

« Sky of the Tokyo (東京タワー) | Main | ◆東京の年末で感じた風情と文化 »