建築現場技術者心得:モラル5訓(5)

酒を呑んだ時、あなたのことをみんな良く見ている。
無礼講にもほどがある。気をつけよ。自分の武勇伝もTPOに合わせて発言するのが大事。

| | コメント (0)

建築現場技術者心得:モラル5訓(4)

常識的な判断は正しい。
現場は手作りが多い。難しい公式や計算で動いているのはごく一部。
大半が常識的な判断で通用する。たとえ経験が無くても、判断はできる。ただし、報・連・相は怠るな。

| | コメント (0)

建築現場技術者心得:モラル5訓(3)

モラルの基本は挨拶。
挨拶は顔を見たらすぐにはっきりとした者が勝ち。西部劇の早撃ちと思えばよい。
『おはよう』『お疲れ様です』大きな声で先に挨拶したほうが気持ちいい。

| | コメント (0)

建築現場技術者心得:モラル5訓(2)

TPO(time、place、objects)をわきまえた人間になれ。
秩序も馬鹿も必要。また、その場を察知する感性や事前情報収集も重要。

| | コメント (0)

建築現場技術者心得:モラル5訓(1)

現場での立場が上になればなるほど、個々人の人間性が問われるようになる。
そして、モラルは仮囲いの外で評価される場合が多い。

| | コメント (0)